信頼できる業者

データ復旧を望む場合、物理障害が起こっているのであれば、パソコンやハードディスクを業者に持ち込み修理することになる。

煙が起こっていて、ハードディスクに音がしている場合、データを守るためには触らないことが一番である。
業者によっては24時間の営業を行っているこ (さらに…)

未割り当ての部分があるか

パソコンの中から音がせず、ハードディスクに論理障害が起こっている可能性が高まっているのであれば、論理障害か更に確認する必要がある。

まず、デバイスマネージャーでハードディスクドライブの確認をする。
この時、ドライブが認識されているのであれば、論理障害が起こっている (さらに…)

自分での復旧が難しい論理障害を見極めるためには音に注目する。

パソコンの中にあるハードディスクは、記憶領域に針のようなもので記録を記していくことでデータを監理している。
データ復旧のためにはそれ以上の障害を起こさないように、データを記録する針を安全にすることが大事 (さらに…)

見極め

ハードディスクに物理障害が起こっている場合、データ復旧をするためにはパソコンの使用を即時停止することが大事ではある。
しかし、論理障害か物理障害かどちらが起こっているのかということを判断するにはどこを見れば良いのか分からない。
正しい対処のためには、どんな症状が起こって (さらに…)

迅速な対応

パソコンが壊れたと思った場合、物理障害があれば自力での修理はほとんど不可能である。
このため、迅速に修理業者へパソコンを持込み、修理をした方が良いと言える。

(さらに…)

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

オススメリンク